インターンシップ

溝口建設では、
毎年インターンシップの受け入れを行なっております。
兵庫県立兵庫工業高等学校、神戸市立科学技術高等学校 等

 普段の学校生活では学べないことを深く教えてくださりありがとうございます。
1日目は建設について教えていただきました。
建設業での仕事の種類やどのようなスキルが必要なのかというところまでていねいに話してくださり、とてもわかりやすかったです。
またたくさんの図面を見せてくださり、とても細かく大変な仕事だということがわかりました。
その後、実際の現場を体験させてくださいました。
墨出しは初めての体験でしたが わかりやすく説明してくださったおかげで少しずつ上達していき、嬉しかったです。
現場では他の人とのコミュニケーションが必要だということがわかりました。

 今回のインターンシップで建築により興味を持ちました。
この体験を今後の進路に行かして行きます。

 普段学校の勉強では学ぶことのない建設のことについて図面の種類や見方についてや、建設業にはどんなスキルが大切なのか社会に出て時間を守る大切さや、挨拶の大切さなど、詳しく教えていただきありがとうございました。
また話や資料だけでなくて実際に現場を回って見学させてもらい、とても理解しやすかったです。

 現場体験ではこの暑い季節の中で作業着をきて、ヘルメットをかぶって作業する大変さと測量は、ミリ単位で作業をしていてすごいなと思いました。
そして、それぞれの仕事に責任を持って仕事に取り組んでいることを知りカッコイイなと思いました。
働いている様子を見て、楽しんでそして、誇りを持って仕事をしていることが伝わってきました。
今回学んだことでより建築のことについて知ることができたと思います。

 三日間でしたが、現場に行かせていただいて思ったのはとても周りに気を使わなければいけない仕事なのだと言うことです。
中学校の改築工事ということもあり、「中学生があまり学校に来ない夏休みの時期に騒音の出る工事を終わらせる。」
などの話を聞いてそういうところも気を使わないといけないんだ。と勉強になりました。
暑い中の作業でしたが こまめな水分補給もとらせていただいてそういう意味でも周りに気を使うことが、大切な仕事なのかと思いました。
現場の方たちはとても優しく、安全に対して真剣で、それぞれの仕事に責任 責任を持って取り組んでいることが分かりました。
私が質問をすると細かいところまでしっかり教えてくださりこの仕事に対する誇りを感じました。

 現場監督の仕事を体験させて頂き、自分が知らなかった内容の仕事をたくさん学ぶことができました。
 初めは緊張し、あまり話すことができない私にたくさん色々な話をして頂き、ありがとうございました。
現場でも色々話をして頂いたり、配筋作業の仕方、看板の取り付け位置など、とても優しく教えて頂き、作業がとてもやりやすかったです。何より現場の明るさ、現場で作業しているみなさんがとても優しいことに驚きました。
また細かいところまで心配りをし、責任をもって仕事をされる姿は、とてもかっこいいなと思いました。
三日間のインターンシップで建築の仕事をもっと知りたいと思いました。
そしてこのインターンシップで学んだことを活かし就職に役立てたいです。